薮田織也のプロダクツレビュー電波式スレーブ搭載・大光量小型ストロボNissin i60A


Photo & Text:薮田織也


TOPIX


斬新で安定のクリップオン・ストロボを提供してくれているニッシンジャパン株式会社の大光量小型ストロボ i60A。同社の電波式ワイヤレス TTL システム「 NAS 」に対応した本製品を、本誌写真家、薮田織也がその使い心地をレポートします。 by 編集部



Index


■写真1 i60A をオフカメラで使って撮影

OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.60mm F2.8 Macro

forcus:60mm f/5.6 1/320 ISO:200

WB:Auto Raw Strobe:Nissin i60A + Air1



■ Nissin i60A とはどんなストロボ?


■写真2 Nissin i60A

2年前に発売されて好評を博したたニッシン製コンパクトストロボ「 i40 」の上位機種に位置づけられる Nissin i60A。i40 が発光量 G/N 40 だったのに対して、i60A は、なんと G/N 60( 35mm 判換算で照射角 200mm 時 )という大光量。しかも同社の電波式ワイヤレス TTL システム「 NAS 」に対応している製品だ。


NAS とは、Nissin Air System の略称で、Wi-Fi と同じ 2.4GHz 帯の電波を利用して、同社の NAS 対応クリップオン・ストロボを遠隔操作するシステム。従来の i40 は NAS 未対応だが、筆者を含め多くのユーザーから「 i 」シリーズの NAS 対応が求められていた。それが i60A で実現したというわけだ。i60A が対応するカメラ本体は、フォーサーズ( オリンパス・ルミックス )、ソニー、富士フイルム。そして、昨年 12 月にキヤノン用が発売され、2017 年1月にニコン用が発売された。今回はこれらの中からフォーサーズ用 i60A をピックアップして、その使い心地をレポートしたいと思う。



 

■ i60A の外観


■写真3 Nissin i60A と i40

左が i60A、右が i40


まずは i60A の前身でもある G/N 40 の i40 と並べて比較してみよう。すぐにはどちらが i60A か判別できないほどだろう。i60A は G/N 60 の大光量を持つクリップオン・ストロボとしては異例のコンパクトさだ。大きな違いは発光部が少し長く発光面が大きい。そして発光部の頭頂に大きなバルジ( 突起部 )がある。こうしたバルジができたのは大容量コンデンサを搭載したためだそうで、筆者はこの突起部をパワーバルジと呼んでいる(笑)。それでは外観をぐるりと眺めてみよう。


■写真4 i60A の外観


正面ニッシンロゴの上部にあるのは i40 と同じ調光できる LED ライトだ。動画の撮影用として搭載されているが、スチール撮影でも使えるし、暗闇でいざというときのライト代わりにも使える。ニッシンロゴの下部にある横長の蓋の中には、i40 にはなかった外部バッテリー( ニッシン製の PS8 など )を接続できる端子がある。外部バッテリーを接続すれば、単3電池だけでは無理な長時間発光ができるようになる。


■写真5 外部バッテリー PS8 を接続したところ

電池収納部は i40 と同じで、ボディ側面の蓋をスライドさせて開けるとそこにある。ニッシン製の他のクリップオン・ストロボのようにバッテリマガジンはなく、単三電池を4本を直接収納するタイプだ。これも i40 と同じだ。アルカリ乾電池でも動作はするが、i60A は G/N 60 という大光量なので、エネループなどのニッケル水素電池がお奨めだ。


■写真6 操作系は背面に集中

i60A の発光モードや調光などの操作は背面部ですべて行なう。i40 では2つのアナログダイヤルを使って操作するが、i60A では視認性の高いカラーモニターが搭載された。その下にある2つのダイヤルのうち、左は i40 と同じ発光モードを選択するモードダイヤル。右は調光と照射角度を調整とその他の設定の切り替えを兼ねているダイヤルスイッチだ。2つのダイヤルの間にあるスイッチは、上がテスト発光スイッチを兼ねたパイロットランプ、下がパワースイッチだ。カラーモニターを使った各種モードの操作については後述する。



■写真7a 垂直方向 90° バウンス ■写真7b 水平方向 360° バウンス


発光部は垂直方向 90°、水平方向 360° のバウンス角で向きが自由に変えられる。水平方向はなんと 360°。バウンス角が 270°までというクリップオン・ストロボが多い中で、最近のニッシン製クリップオン・ストロボはほとんどが 360°、1回転できる。これはオンカメラ( カメラの上にストロボを付けること )撮影するときにその効果を発揮する。嬉しい配慮だ。



■写真8 ワイドパネル ■写真9 キャッチライトパネル


発光部の下部には、引き出して使うワイドパネルが格納されている。i60A の照射角はフォーサーズ用で 12 ~ 100mm ( 35mm 判換算で 24 ~ 200mm )の画角に対応しているが、ワイドパネルを使うと 8mm( 35mm 判換算で 16mm )相当に対応できる。また、発光部の上部には、これも引き出し式のキャッチライトパネルが装備されている。キャッチライトパネルは、被写体に対してストロボ光を直炊き( 直接光を当てること )したくないときに、バウンス角を調整して発光部に角度をつけ、ストロボ光をキャッチライトパネルに当てて反射光として使う。



 

■ i60A の操作方法


■写真10 i60A の起動

パワースイッチを押すとパイロットランプがオンになり、カラーモニターにバーが表示される


まずはパワースイッチを1回だけチョンと押して電源を入れてみよう。パイロットランプが赤く点灯し、カラーモニターも起動して瞬時に起動が完了すると、カラーモニターの下部にモードダイヤルで現在選ばれているモードが表示される。i40 にあったモードダイヤルの左端の LED ランプが i60A には搭載されなかったがが、カラーモニターに選ばれているモードが表示されるので問題はないわけだ。i40 の場合、暗いロケーションでどのモードが選ばれているかが確認しづらかったが、i60A はその点が大きく改良されている。実際、このカラーモニターは視認性がとても高い。ニッシン製のクリップオン・ストロボのユーザーインターフェイス( 以下 UI )は以前から定評があり、製品世代ごとに改良されてきたが、i60A で採用されたカラーモニターとアナログダイヤルの組み合わせは、これまでのニッシン UI ではもっとも操作性が良いと筆者は感じている。憶測ではあるが、今後のニッシン製品は、この UI で統一されていくのかもしれない。



■写真11 TTL モードのカラーモニター

「 TTL 」モードと「 M 」モードの操作を見てみよう。i60A をオンカメラでストロボとして使う場合は、「 A 」、「 TTL 」、「 M 」モードの3つを使うことになるわけだ。「 A 」モードは全自動 TTL モードで、被写体の明るさに合せてカメラが自動でストロボを調光してくれる。ストロボが初めての人にオススメだ。「 TTL 」モードは、「 A 」モードに ±2.0EV ( 0.33EV 刻み )の調光補正を加えたモードだ。( すべて自動の「 A 」モードでは調光補正はできない。 )「 A 」モードでストロボに馴れてきたら使ってみて欲しいモードが「 TTL 」モードだ。補正無しの TTL モードで撮ってみて、明るすぎると感じたら操作ダイヤルを回してマイナス側に調光補正、暗すぎると感じたらプラス側に調光補正して再撮影してみればいいわけだ。



■写真12 マニュアル モードのカラーモニター

3つめの「 M 」モードはマニュアルモードのこと。「 TTL 」モードに慣れて、もっと自分で光を調節したいと感じるようになったら是非とも使って欲しいモードだ。「 M 」モードなら、i60A の光を 1/256 という微弱発光からフル発光まで、1/3 段( 0.33EV )刻みで調光できる。「 TTL 」モードでは場の光にストロボの発光量が左右されるが、「 M 」モードでは発光量を任意に指定できるので、慣れてくればイメージ通りの光を作れることになる。それも、i40 では TTL モードで 1/2 段( ±0.5EV )、マニュアルモードで1段( ±1.0EV )刻みでしか調光できなかったが、i60A ではこうして微妙な調光ができるのが嬉しい。



 

■ 照射角・ハイスピードシンクロ・その他の設定


■写真13 照射角のマニュアル設定

i60A では、ストロボの照射角、ハイスピードシンクロ( 同期速度を超えたシャッタースピードにストロボの発光を対応させること )の設定も簡単にできる。本体背面の右側にある操作ダイヤルは複合スイッチになっており、ダイヤル盤面に記載されている方向へ操作ダイヤルを長押しすれば、カラーモニターがそれぞれの設定画面になるので、表示された状態で操作ダイヤルを回して任意の設定をすればよい。照射角の設定は「 M.Zoom 」を長押しすると、カラーモニターの左上に「 A 」が表示される。ここで操作ダイヤルを回すと照射角を任意に設定できる。設定が終わったらもう一度「 M.Zoom 」を長押しするか、約5秒放置すると通常のモードに戻る。照射角マニュアル設定モードでの「 A 」は、自動ズームになっていることを表わしている。通常はレンズの焦点距離に合せて自動で照射角は変更されるので、マニュアルで照射角を変更する必要がないときは「 A 」に戻しておくことをオススメする。



■写真14 ハイスピードシンクロ

ハイスピードシンクロ( 以下 HSS )モードに変更するときは、操作ダイヤルの「 H 」を長押しすると、カラーモニターに「 H 」が表示され、HSS モードになる。通常モードに戻すときは操作ダイヤルの「 H 」をもう一度長押しする。注意したいのは、HSS モードはバッテリーとストロボに大きな負担をかけるという点だ。HSS で発光させる必要がないときは必ず通常モードに戻しておこう。


右側の操作ダイヤルには、ビープ音の ON/OFF と NAS で使う電波のチャンネルを任意に選択する機能も搭載されている。音を出したくないロケーションでの撮影では、ビープ音をオフする必要があるが、その ON/OFF を即座に変えられるのは嬉しいことだ。また、NAS で使う電波のチャンネルは、通常はコマンダーの Air1 とペアリング( コマンダーとストロボを排他的に接続すること )するときに自動で選択されるが、もし電波状況が悪くて接続しにくいようなことがある場合に、1~8までの間で任意のチャンネルを選べる。


■写真15 ビープ音の ON/OFF

操作ダイヤル右を長押しでビープ音が消せる。もう一度長押しでビープ音を出せる










■写真16 チャンネル

操作ダイヤルの「 Channel 」を長押しでワイヤレスモードのチャンネルを自動、1~8の範囲で選べる










■写真17 操作ダイヤルのロック

操作ダイヤルの中央を長押しで、操作ダイヤルをロックできる。もう一度長押しで解除できる